室内のドアノブ(取っ手)が緩んだ場合の対処方法

シェアする

これも、住宅の中では非常に多いお話です。日ごろよく使うのが、室内ドアの取っ手です。だから、どうしても不具合も起きやすくなるんですよね。では、ドアノブ(取っ手)が緩む原因と対処方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ドアノブ(取っ手)の取り付け方

原因と対処方法をお伝えする前に、室内ドアのドアノブ(取っ手)が、どのように取り付けられているかを説明します。

ただ、ドアノブの種類もたくさんあるので、今からご説明するものでない場合は、他のサイトで確認してください。私が多くみてきた家のドアノブは、だいたいこんな感じのものでした。

このタイプでは、ドアノブを両側から挟んだ後、室内側の取っ手の横にある「小さなネジ」を締めて固定をします。なので、取っ手が緩んでしまうと言うことは、このネジが緩んでしまったからなんです。

対処方法としてはとても簡単で、このネジを締めれば良いだけなんです。簡単でしょ。ただ気をつけていただきたいのが、思いっきり締めてしまうと取っ手部分の動きが悪くなるので、気持ち緩く締めてください。

あと、一応この取っ手全てを取り外すときの方法もお伝えしておきますね。

取っ手部分の全てをとる場合

ドアノブ(取っ手)を取り外す

取っ手部分は、最後にドアノブで締めるようになっているので、外すときは最初に取り外します。次に

台座カバーを外す

これが意外と難しいんですよね。どうやって外すかと言うと、台座にある「小さなくぼみ」にマイナスドライバーなどを当てます。

ここに、1ミリにも満たない台座カバーが引っ掛かっていますので、ほんの少しだけマイナスドライバーを引っ掛ける感じで上に上げます。

そうするとカバーが取れます。カバーが取れると、台座の部品のネジが見えます。これを外せばもう終わりです。取り外し完了です。気をつけていただきたいのが、取っ手のカバーのネジ位置です。室内側か室外側なんですが、だいたい「室外側」にあると思いますので注意してくださいね。