エコキュートの水漏れの原因と修理の仕方

シェアする

エコキュートを設置しているお宅で、外で水漏れをしていた場合の原因と、その修理の仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

エコキュートの水漏れの原因

水漏れの原因は現場ごとに違うので、ここでは「接続管」から水が漏れている場合で説明します。エコキュートの接続管から、こんな風に水漏れがしているケースですね。

こんな風に水漏れをしていたらビックリしますよね。これだけ水が漏れていると水道代も結構高くなっていると思いますし。ではなぜ、こんな風に水漏れが起きてしまうのか?その原因をお伝えしますね。

上の写真のように水漏れがしている場合は、多くの場合が指定の「管」を使ってない事が原因になります。

どいう事かと言うと、エコキュートを設置する際、メーカーから接続管の指定をされている個所が1か所だけあります。

そこ以外の場所の設置には、一般的に使われる「架橋ポリエチレン管」と言うものが使われます。指定箇所以外は、コレで良いんです。

↑水漏れしている透明の管が一般的な「架橋ポリエチレン管」

でも、メーカーの指定箇所でこの「架橋ポリエチレン管」を使うと、上の写真のように水漏れを起こすことがあるんです。

では、どこに使ってはいけなくて、どうして水漏れが起こるのかをお伝えします。

使用してはいけない箇所と水漏れの原因

使用してはいけない箇所

まず、使用していけない箇所ですが、これは「ヒートポンプ」と「貯湯タンク」をつなぐ管です。もっと詳しく言うと、ヒートポンプから出るお湯を貯湯タンクへ送る管になります。

なぜ水漏れが起こるのか

使用してはいけない箇所に、一般的な架橋ポリエチレン管を使用してしまうと、ヒートポンプから出るお湯の温度に耐え切れず、小さな穴が開き水漏れを起こします。要は、作り出される熱の温度に耐えられないんですね。

↑高耐熱管

その為、メーカーでは一般的な架橋ポリエチレン管の使用を奨めておらず、熱に耐えられる「高耐熱」の管の使用を奨めています。もちろん、この管を使ったところの継ぎ手も専用のものになります。

↑高耐熱管の継ぎ手(透明なやつ)

実は、この高耐熱の管と継ぎ手を使用する事は、設備業者でも知っているところは少ないです。なので、エコキュートの設置が少ない業者や値段が極端に安い業者は怪しいので、気を付けてください。

素人の方や、中古を買った場合などは水漏れが出るまで分からないと思いますが、エコキュートの水漏れにはこんな原因がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。